ペットの「困った!」を解決する獣医師・専門家執筆の情報サイト

飼い主に合った犬の種類の選び方
目次 [開く]

    犬と人の関係ははるか昔から。
    犬ほど体つき、サイズ、色のバリエーションが多彩な動物は他にいません。

    また、これほど仕事をする生き物もいない。
    狩りやスポーツドッグとして活躍するものもいれば、愛玩犬、セラピー犬として人に寄り添う仕事の犬もいる。

    そんなバリエーション豊かな犬種についてトレーナーがお伝え致します。

    子供と犬

    犬と共に暮らす目的を考えて選ぶ

    まずどんな目的で犬を迎え入れるのかを明確にしておくと良い。

    家族の一員として、パートナードッグとして、また競技会、スポーツドッグとして。
    目的により迎える犬種も違ってくるし、犬種特有のものもあるので向き不向きが出てくる場合もある。

    例えば子供に犬の命の大切さを教えたいと思い迎え入れるのであれば、人と寄り添うことが大好きで器の大きいレトリバー系が理想的。
    またドッグスポーツを楽しみたいのであれば作業意欲が強く、忠実な牧羊犬を選んだ方が良い。

    このように迎える目的により選ぶ犬種をしっかり考え、家族で話し合った上で犬種を決めることが重要。

    大型犬と小型犬

    外見による違い(サイズ)

    まず大きな基準になってくるのがサイズではないでしょうか?自身が扱える体の大きさを選ぶのか基本です。
    そのほかにも種類豊かな被毛から選ぶのも良いでしょう。

    犬のサイズによる違い

    小型犬

    手軽で扱いやすく比較的狭い住宅でも飼育が可能だが、その分甘やかしてしつけを怠りがちな傾向にある。
    また改良により無理な小型化されているため、眼、骨格、膝関節、噛み合わせ等に遺伝疾患が出やすい。

    大型犬

    力が強く運動量も必要となるため、飼育には適した環境と飼い主の覚悟が必要
    幼少期から徹底したしつけを行い周囲に迷惑をかけないための配慮を怠らない事。

    重い体重を支えるために股関節がの疾患が生じやすくまた、胸の深い犬は胃捻転を起こしやすいので注意が必要。

    仔犬

    ブリーダーの選定

    犬選びで重要なのがブリーダーの選定。
    ブリーダー自身がどんなポリシーを持っているのかなど必ず確認しておきましょう。

    繁殖に対するポリシー

    繁殖には確固としたポリシーを持ち、その犬種の発展を考えて行うものであり、安易な繁殖や流行に左右されないような繁殖を行なっているかなどを確認する事。

    その犬種への理解度

    ブリーダーはその犬種の専門家であり、その犬種に精通していることが絶対条件である。(気質、血統、疾患等)

    人間の家族と犬

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    • 犬とともに暮らす目的を考えて選ぶ
    • 外見による違い
    • ブリーダーの選定

    の3つを紹介しました。

    犬を買うのは簡単ですが、飼うのはとても大変です。
    それぞれの家庭にあった犬を選ぶところからスタートです、この内容が参考になったらと思います。

犬と人の関係ははるか昔から。
犬ほど体つき、サイズ、色のバリエーションが多彩な動物は他にいません。

また、これほど仕事をする生き物もいない。
狩りやスポーツドッグとして活躍するものもいれば、愛玩犬、セラピー犬として人に寄り添う仕事の犬もいる。

そんなバリエーション豊かな犬種についてトレーナーがお伝え致します。

子供と犬

犬と共に暮らす目的を考えて選ぶ

まずどんな目的で犬を迎え入れるのかを明確にしておくと良い。

家族の一員として、パートナードッグとして、また競技会、スポーツドッグとして。
目的により迎える犬種も違ってくるし、犬種特有のものもあるので向き不向きが出てくる場合もある。

例えば子供に犬の命の大切さを教えたいと思い迎え入れるのであれば、人と寄り添うことが大好きで器の大きいレトリバー系が理想的。
またドッグスポーツを楽しみたいのであれば作業意欲が強く、忠実な牧羊犬を選んだ方が良い。

このように迎える目的により選ぶ犬種をしっかり考え、家族で話し合った上で犬種を決めることが重要。

大型犬と小型犬

外見による違い(サイズ)

まず大きな基準になってくるのがサイズではないでしょうか?自身が扱える体の大きさを選ぶのか基本です。
そのほかにも種類豊かな被毛から選ぶのも良いでしょう。

犬のサイズによる違い

小型犬

手軽で扱いやすく比較的狭い住宅でも飼育が可能だが、その分甘やかしてしつけを怠りがちな傾向にある。
また改良により無理な小型化されているため、眼、骨格、膝関節、噛み合わせ等に遺伝疾患が出やすい。

大型犬

力が強く運動量も必要となるため、飼育には適した環境と飼い主の覚悟が必要
幼少期から徹底したしつけを行い周囲に迷惑をかけないための配慮を怠らない事。

重い体重を支えるために股関節がの疾患が生じやすくまた、胸の深い犬は胃捻転を起こしやすいので注意が必要。

仔犬

ブリーダーの選定

犬選びで重要なのがブリーダーの選定。
ブリーダー自身がどんなポリシーを持っているのかなど必ず確認しておきましょう。

繁殖に対するポリシー

繁殖には確固としたポリシーを持ち、その犬種の発展を考えて行うものであり、安易な繁殖や流行に左右されないような繁殖を行なっているかなどを確認する事。

その犬種への理解度

ブリーダーはその犬種の専門家であり、その犬種に精通していることが絶対条件である。(気質、血統、疾患等)

人間の家族と犬

まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 犬とともに暮らす目的を考えて選ぶ
  • 外見による違い
  • ブリーダーの選定

の3つを紹介しました。

犬を買うのは簡単ですが、飼うのはとても大変です。
それぞれの家庭にあった犬を選ぶところからスタートです、この内容が参考になったらと思います。

著作者プロフィール

2019年05月29日

犬の飼い方・選び方

ドックトレーナー 蔦の庭

ツイート

TOP / /Dog/ 犬の飼い方・選び方 /Dog/choose/
事前に知っておくこと / ブリーダー / 子犬 / 小型犬 / 中型犬 / 大型犬 /