ペットの「困った!」を解決する獣医師・専門家執筆の情報サイト

犬のしつけ方としつけに対する姿勢
目次 [開く]

    最も人にとって身近と言っても過言ではない犬。
    私たちは彼らを犬と思わず家族だと思っています。彼らもまた私たちを家族だと信じています。

    しかし彼らは決して自分たちを人間と思っているのではなく、飼い主を群れのリーダーだと思っているのです。

    ですので彼らと接する時は、人間からの一方的な見方ではなく、彼らの気持ち、犬の目線になって接っすることが最も大切です。
    彼らの最大の喜びは家族に頼られることであり、また心の支えになることです。

    それを踏まえてしつけの在り方をプロのトレーナーがお伝えします。

    見上げてくる犬

    しつけの意味とあり方

    犬のしつけとは、人と犬が楽しく穏やかに生活を送るためのルールであり、飼い主と共に学ぶもの。
    室内飼育が一般的になった今、今までよりも犬との接点、共に過ごす時間が増えたことにより問題行動が出やすい傾向にあります。

    先に頭に入れておいて欲しいのが、巷で問題行動と言われているものは犬からすると当たり前の行動と言うことです。

    好きな時に吠えて、好きな場所で排泄をする、元々そのように生きてきた生き物だから仕方ないのです。
    ですが人間社会ではそぐわない行動、これではお互い穏やかに暮らせないのでしつけをいれます。

    犬にだけ押し付けるのではなく、人も同じ目線になり取り組む姿勢そのものがしつけと言えるでしょう。

    ボールで遊ぶ子犬

    犬とはどんな生き物か?

    しつけを始める前に犬とはどんな生き物なのかをしっかりと理解するところから始めるのがしつけの第一歩。
    では見てみましょう。

    犬とは…

    洞察力に優れ、学習能力が高い

    学習させないこと=一番効果的な学習。
    都合の悪いことは初めからさせないように心掛けること。

    成長がとても早い

    犬は人と比べてとても成長が早いです。
    仔犬だから、まだ若いからといった感覚をけっして引きずらないこと。

    エネルギーがとても大きい

    犬はとてもエネルギッシュな動物です。
    小型犬、大型犬関係なく運動の時間は必要不可欠です。

    ざっと犬の特徴とそれに対する心構えを書きました、このことを理解したうえで犬と接するといいでしょう。

    抱きかかえられる犬

    しつけよりも大切な信頼関係

    上記の犬とはどんな動物か?を理解したうえで最も重要な関係性についてお話したいと思います。

    犬との生活で最も重要な基礎となるものが信頼関係です、信頼関係が築けていなければ言うことを聞かなくて当然です。
    逆に信頼関係さえ築けていれば一般的間訓練と言われるものを入れなくても十分穏やかに暮らしていく事ができます。

    なぜ信頼関係が大切かと言うと犬は自身がリーダー認めたものの言うことを聞く生き物だからです
    その信頼関係のなかには愛情、尊重し合う気持ち、一緒にいて安心という意味が込められています。

    信頼関係を築くために人間はまず犬に「善悪」の区別をしっかり教え込む必要があります。
    いいことは褒めてあげる、悪いことはしっかり𠮟ってあげること、愛情があるからこそ𠮟るのです。

    犬は洞察力に優れているため人間のことをよく観察しています、人間の態度、姿勢にも気を付けて教えましょう。

    人間の態度やマナーが悪ければ犬のマナーが悪くて当然です。
    お互いに成長しながら関係を築いていく事が大切です。

    犬は自身の鏡。
    犬に足りていない部分は自身に足りてない部分、自信を見つめなおすこともしつけでは重要ですよ!

    しつけに対する姿勢・態度として大切なことを3つお伝えさせていただきました。

    犬の手と人の手が重なり合う

    まとめ

    • しつけの意味とあり方

    • 犬とはどんな生き物か?

    • しつけよりも大切な関係性

    をご紹介させていただきました。
    犬は皆さんが思っているよりもあなたのことをよく見て真似ています、自身がしっかりとした見本となりましょう!

最も人にとって身近と言っても過言ではない犬。
私たちは彼らを犬と思わず家族だと思っています。彼らもまた私たちを家族だと信じています。

しかし彼らは決して自分たちを人間と思っているのではなく、飼い主を群れのリーダーだと思っているのです。

ですので彼らと接する時は、人間からの一方的な見方ではなく、彼らの気持ち、犬の目線になって接っすることが最も大切です。
彼らの最大の喜びは家族に頼られることであり、また心の支えになることです。

それを踏まえてしつけの在り方をプロのトレーナーがお伝えします。

見上げてくる犬

しつけの意味とあり方

犬のしつけとは、人と犬が楽しく穏やかに生活を送るためのルールであり、飼い主と共に学ぶもの。
室内飼育が一般的になった今、今までよりも犬との接点、共に過ごす時間が増えたことにより問題行動が出やすい傾向にあります。

先に頭に入れておいて欲しいのが、巷で問題行動と言われているものは犬からすると当たり前の行動と言うことです。

好きな時に吠えて、好きな場所で排泄をする、元々そのように生きてきた生き物だから仕方ないのです。
ですが人間社会ではそぐわない行動、これではお互い穏やかに暮らせないのでしつけをいれます。

犬にだけ押し付けるのではなく、人も同じ目線になり取り組む姿勢そのものがしつけと言えるでしょう。

ボールで遊ぶ子犬

犬とはどんな生き物か?

しつけを始める前に犬とはどんな生き物なのかをしっかりと理解するところから始めるのがしつけの第一歩。
では見てみましょう。

犬とは…

洞察力に優れ、学習能力が高い

学習させないこと=一番効果的な学習。
都合の悪いことは初めからさせないように心掛けること。

成長がとても早い

犬は人と比べてとても成長が早いです。
仔犬だから、まだ若いからといった感覚をけっして引きずらないこと。

エネルギーがとても大きい

犬はとてもエネルギッシュな動物です。
小型犬、大型犬関係なく運動の時間は必要不可欠です。

ざっと犬の特徴とそれに対する心構えを書きました、このことを理解したうえで犬と接するといいでしょう。

抱きかかえられる犬

しつけよりも大切な信頼関係

上記の犬とはどんな動物か?を理解したうえで最も重要な関係性についてお話したいと思います。

犬との生活で最も重要な基礎となるものが信頼関係です、信頼関係が築けていなければ言うことを聞かなくて当然です。
逆に信頼関係さえ築けていれば一般的間訓練と言われるものを入れなくても十分穏やかに暮らしていく事ができます。

なぜ信頼関係が大切かと言うと犬は自身がリーダー認めたものの言うことを聞く生き物だからです
その信頼関係のなかには愛情、尊重し合う気持ち、一緒にいて安心という意味が込められています。

信頼関係を築くために人間はまず犬に「善悪」の区別をしっかり教え込む必要があります。
いいことは褒めてあげる、悪いことはしっかり𠮟ってあげること、愛情があるからこそ𠮟るのです。

犬は洞察力に優れているため人間のことをよく観察しています、人間の態度、姿勢にも気を付けて教えましょう。

人間の態度やマナーが悪ければ犬のマナーが悪くて当然です。
お互いに成長しながら関係を築いていく事が大切です。

犬は自身の鏡。
犬に足りていない部分は自身に足りてない部分、自信を見つめなおすこともしつけでは重要ですよ!

しつけに対する姿勢・態度として大切なことを3つお伝えさせていただきました。

犬の手と人の手が重なり合う

まとめ

  • しつけの意味とあり方

  • 犬とはどんな生き物か?

  • しつけよりも大切な関係性

をご紹介させていただきました。
犬は皆さんが思っているよりもあなたのことをよく見て真似ています、自身がしっかりとした見本となりましょう!

著作者プロフィール

2019年05月26日

犬のしつけ

ドックトレーナー 蔦の庭

ツイート

TOP / /Dog/ 犬のしつけ /Dog/discipline/
犬のしつけ / 犬の散歩 / 犬との主従関係 /