ペットの「困った!」を解決する獣医師・専門家執筆の情報サイト

実践!犬のトイレトレーニング
目次 [開く]

    犬を家族に迎えて最初にぶつかる大きな壁といえば、トイレの問題。
    室内飼育が主流の今、トイレトレーニングを避けて通ることはできません。

    幼少期はトイレの頻度が高く、成長するに従って回数は下がっていきます。
    (体が大きくなることで膀胱も大きくなり、排泄物をためられる量が増えるため)

    なのでトイレトレーニングは子犬のときの方が挑戦するチャンスが多くなります。
    ぜひ、ペットを迎えたその日から訓練をスタートしましょう!

    トイレする場所を探す犬

    まずは愛犬の習性を理解し、歩調を合わせましょう

    犬はもともと野生の動物。彼らにとって決まった場所で用を足すというのは簡単なことではありません。
    また一般的に自分の寝床や横になるエリアにはあまりトイレをしたがらないという習性があります。

    こういった特徴を理解することが成功への第一歩です。

    また、早くトイレを覚える子もいれば半年近くかかる子もいるなど、早さには個体差があります。
    愛犬のペースに合わせて、無理せず訓練を進めてゆきましょう。

    トイレシートの上に座る犬

    さっそく挑戦! トイレトレーニングの方法

    愛犬をよく観察する

    • どのくらいの時間間隔でトイレをしているのか?
    • どのタイミングでしているのか?

    などをしっかり把握すること。

    基本的には食後や睡眠後などのタイミングが一般的なので、まずはその時にトイレへ連れて行ってあげましょう。

    トイレが成功しやすい環境づくり

    サークルやケージをうまく使い、「犬がトイレをしていい場所」と「してはいけない場所」を教え、すみ分けができるようにしましょう。

    「ワンツーコマンド」で排泄

    犬が排泄をするときに、「ワンツー、ワンツー」と言い続けると、やがて「ワンツー」と言われることで排泄ができるようになります。

    この「ワンツーコマンド」を覚えると、してはいけない場所で排泄をする心配が少なくなるのでオススメです。

    上手にトイレができたら?

    もし上手にトイレができたら、ワンちゃんが好きな遊びをしてあげるなどごほうびをあげる とより覚えが早くなるでしょう。

    トイレトレーニングを成功させるために

    上手にトイレが覚えられない最大の原因は、犬を室内で自由にさせすぎているから。

    何度かトイレに成功しているからといって安心していると、見えないところで失敗を重ねていていることも……。
    これが習慣づいてしまうのが最も多い失敗パターンです。

    特に仔犬の時期はとても可愛く、ケージ等に入れておくのはかわいそうに見えてしまいますが、その優しさが失敗をまねいてしまいます。

    トイレがきちんとできるようになるまでには数週間~数ヶ月程度はかかります。
    それまでは飼い主が責任をもってしっかりトレーニングをしてあげましょう。

    まとめ

    愛犬を観察し、理解して、環境作りをきちんとしたうえで根気強く訓練する。
    それがトイレトレーニングに大切なことです。

    ワンちゃんには自由に暮らしてほしいというのが飼い主の本音ですが、自由の中にもルールがあります。
    大好きな愛犬をのびのびと室内飼いするためにも、まずはしっかりとトイレトレーニングを行いましょう!

犬を家族に迎えて最初にぶつかる大きな壁といえば、トイレの問題。
室内飼育が主流の今、トイレトレーニングを避けて通ることはできません。

幼少期はトイレの頻度が高く、成長するに従って回数は下がっていきます。
(体が大きくなることで膀胱も大きくなり、排泄物をためられる量が増えるため)

なのでトイレトレーニングは子犬のときの方が挑戦するチャンスが多くなります。
ぜひ、ペットを迎えたその日から訓練をスタートしましょう!

トイレする場所を探す犬

まずは愛犬の習性を理解し、歩調を合わせましょう

犬はもともと野生の動物。彼らにとって決まった場所で用を足すというのは簡単なことではありません。
また一般的に自分の寝床や横になるエリアにはあまりトイレをしたがらないという習性があります。

こういった特徴を理解することが成功への第一歩です。

また、早くトイレを覚える子もいれば半年近くかかる子もいるなど、早さには個体差があります。
愛犬のペースに合わせて、無理せず訓練を進めてゆきましょう。

トイレシートの上に座る犬

さっそく挑戦! トイレトレーニングの方法

愛犬をよく観察する

  • どのくらいの時間間隔でトイレをしているのか?
  • どのタイミングでしているのか?

などをしっかり把握すること。

基本的には食後や睡眠後などのタイミングが一般的なので、まずはその時にトイレへ連れて行ってあげましょう。

トイレが成功しやすい環境づくり

サークルやケージをうまく使い、「犬がトイレをしていい場所」と「してはいけない場所」を教え、すみ分けができるようにしましょう。

「ワンツーコマンド」で排泄

犬が排泄をするときに、「ワンツー、ワンツー」と言い続けると、やがて「ワンツー」と言われることで排泄ができるようになります。

この「ワンツーコマンド」を覚えると、してはいけない場所で排泄をする心配が少なくなるのでオススメです。

上手にトイレができたら?

もし上手にトイレができたら、ワンちゃんが好きな遊びをしてあげるなどごほうびをあげる とより覚えが早くなるでしょう。

トイレトレーニングを成功させるために

上手にトイレが覚えられない最大の原因は、犬を室内で自由にさせすぎているから。

何度かトイレに成功しているからといって安心していると、見えないところで失敗を重ねていていることも……。
これが習慣づいてしまうのが最も多い失敗パターンです。

特に仔犬の時期はとても可愛く、ケージ等に入れておくのはかわいそうに見えてしまいますが、その優しさが失敗をまねいてしまいます。

トイレがきちんとできるようになるまでには数週間~数ヶ月程度はかかります。
それまでは飼い主が責任をもってしっかりトレーニングをしてあげましょう。

まとめ

愛犬を観察し、理解して、環境作りをきちんとしたうえで根気強く訓練する。
それがトイレトレーニングに大切なことです。

ワンちゃんには自由に暮らしてほしいというのが飼い主の本音ですが、自由の中にもルールがあります。
大好きな愛犬をのびのびと室内飼いするためにも、まずはしっかりとトイレトレーニングを行いましょう!

著作者プロフィール

2019年06月01日

犬のしつけ

ドックトレーナー 蔦の庭

ツイート

TOP / /Dog/ 犬のしつけ /Dog/discipline/
犬のトレーニング / 場所 / コツ /