ペットの「困った!」を解決する獣医師・専門家執筆の情報サイト

犬を飼うメリットと迎え入れるのに必要な心構え
目次 [開く]

    犬を迎え入れるということは、一つの命を迎え入れて責任を持つということ。
    食事や散歩、しつけなど、飼い主が負う責任と役割はとても大きいものです。

    犬の世話は数年後や数十年後まで毎日続きます。
    また、将来についてもしっかりと考えておかなければいけません。

    そういったことを理解しないで飼ってしまうと、お互いに苦労するかもしれません。

    そこで、ここでは犬を迎えるのに必要な心構えについて詳しくご説明します。

    子犬たち

    犬を迎えるメリットって?

    一つ屋根の下で生活を送ることで、動物は私たち人間に様々なものを与えてくれます。
    愛犬との触れあいで人の心は豊かになるのです。

    犬は人と違って言葉を喋ることはできませんが、人の心や空気を読みとる力にとても優れそっと心に寄り添ってくれます。

    喜怒哀楽をともにし、心で繋がることができ、時には人間に問題を突きつけてくる。
    そしてお互いに成長し、尊重しあう。

    そういった経験を通じていろんな景色を見せてくれるのが犬なのです。

    人間の手に抱えられた犬の前足

    いつでも犬のことを1番に考えられますか?

    犬1頭を迎え入れる労力は相当のものです。

    どんなに忙しく疲れていても時間を作ってあげられるか、自分の時間を犠牲にできるか、犬を迎え入れる前にしっかり考えてください。

    飼い主にどんな都合があったとしても、犬は毎日散歩に行ってしっかりと運動しなければいけません。
    それができないとストレスがたまり、問題行動の原因になります。

    また長期の旅行や突発的な外出が難しくなることもしっかりと理解してください。

    犬にとって飼い主の存在はとても大きいもの。愛犬はいつもあなたを必要とします。
    なのでペットを飼うときは愛犬のことをいつでも1番に考えてあげる覚悟が必要なのです。

    抱きかかえられて嬉しそうな犬

    愛犬と最後まで一緒に過ごせますか?

    そしてもっとも重要なのが、愛犬の最期の時まで一緒に過ごす覚悟があるかどうかです。

    家庭の環境変化や転勤、犬の問題行動などを理由に飼育を放棄してしまうケースは少なくありません。
    しかし、犬と暮らすことは命を預かるということ。途中で投げだすなど絶対に許されません。

    しつけが上手くいかず家の中がめちゃくちゃになる、性格が合わない、犬が病気等で介護が必要になった……など、予測できないことは多くあります。
    そんな時でも解決策を考え、共に暮らしていくことができるかどうか。

    そこまで考えてから、犬を迎え入れるかを決めてください。

    家族と犬

    まとめ

    犬と暮らすのは考えていたよりも難しそうだと思った人もいるかもしれません。

    ですが、なによりも大切なのは犬を想う気持ち。
    その気持ちさえあれば、本当に素敵な生活を送ることができるでしょう。

    今までとは違った景色が見られ、心と心で繋がることができる。
    大切な愛犬とそんな関係を築けていただけたらと思います。

犬を迎え入れるということは、一つの命を迎え入れて責任を持つということ。
食事や散歩、しつけなど、飼い主が負う責任と役割はとても大きいものです。

犬の世話は数年後や数十年後まで毎日続きます。
また、将来についてもしっかりと考えておかなければいけません。

そういったことを理解しないで飼ってしまうと、お互いに苦労するかもしれません。

そこで、ここでは犬を迎えるのに必要な心構えについて詳しくご説明します。

子犬たち

犬を迎えるメリットって?

一つ屋根の下で生活を送ることで、動物は私たち人間に様々なものを与えてくれます。
愛犬との触れあいで人の心は豊かになるのです。

犬は人と違って言葉を喋ることはできませんが、人の心や空気を読みとる力にとても優れそっと心に寄り添ってくれます。

喜怒哀楽をともにし、心で繋がることができ、時には人間に問題を突きつけてくる。
そしてお互いに成長し、尊重しあう。

そういった経験を通じていろんな景色を見せてくれるのが犬なのです。

人間の手に抱えられた犬の前足

いつでも犬のことを1番に考えられますか?

犬1頭を迎え入れる労力は相当のものです。

どんなに忙しく疲れていても時間を作ってあげられるか、自分の時間を犠牲にできるか、犬を迎え入れる前にしっかり考えてください。

飼い主にどんな都合があったとしても、犬は毎日散歩に行ってしっかりと運動しなければいけません。
それができないとストレスがたまり、問題行動の原因になります。

また長期の旅行や突発的な外出が難しくなることもしっかりと理解してください。

犬にとって飼い主の存在はとても大きいもの。愛犬はいつもあなたを必要とします。
なのでペットを飼うときは愛犬のことをいつでも1番に考えてあげる覚悟が必要なのです。

抱きかかえられて嬉しそうな犬

愛犬と最後まで一緒に過ごせますか?

そしてもっとも重要なのが、愛犬の最期の時まで一緒に過ごす覚悟があるかどうかです。

家庭の環境変化や転勤、犬の問題行動などを理由に飼育を放棄してしまうケースは少なくありません。
しかし、犬と暮らすことは命を預かるということ。途中で投げだすなど絶対に許されません。

しつけが上手くいかず家の中がめちゃくちゃになる、性格が合わない、犬が病気等で介護が必要になった……など、予測できないことは多くあります。
そんな時でも解決策を考え、共に暮らしていくことができるかどうか。

そこまで考えてから、犬を迎え入れるかを決めてください。

家族と犬

まとめ

犬と暮らすのは考えていたよりも難しそうだと思った人もいるかもしれません。

ですが、なによりも大切なのは犬を想う気持ち。
その気持ちさえあれば、本当に素敵な生活を送ることができるでしょう。

今までとは違った景色が見られ、心と心で繋がることができる。
大切な愛犬とそんな関係を築けていただけたらと思います。

著作者プロフィール

2019年06月21日

犬との生活

ドックトレーナー 蔦の庭

ツイート

TOP / /Dog/ 犬との生活 /Dog/life/
準備するモノ・事 / 事前に知っておくこと / 子犬 / 犬のしつけ /